蒼葉の独り言

日々の出来事。出かけた「旅」や美味しいモノ♪コラボが大好きなので、食べ歩き多し!のんびりまったりの日記です。(現在、参加イベント記事は過去記事一部非公開中・・・ですが、徐々に公開いていく予定です)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

斎藤さんルート(ネタバレ含)

薄桜鬼 黎明録(通常版)薄桜鬼 黎明録(通常版)
(2010/10/28)
PlayStation2

商品詳細を見る


昨日からぶっ通しでプレイしております・・・
私がこんなに夢中で進めることは
通常有り得ないんですが(集中力無いので・・・)
「薄桜鬼」だけは特別なんですよね・・・

終わりました・・・

「斎藤さんルート」

通常の私では有り得ないスピードでございます
いつも、皆より遅れて
「まだそこ!?」
と言われることが多々あるほど
人より進めるのが遅い私なので
私にしては、かなりのハイスピードなんですよ・・・これでも(微笑)

未だに興奮冷めやらず・・・の状態で・・・
まだ次のかたに進めるほど、心が落ち着いていないので
ちょっとブログに感想もどきを書いて落ち着こうかな??と・・・
思っています。
あまりガッツリネタバレは書かないようにしようとは思いますが
心に残る言葉の数々があったので
そういうのをツラツラ書いてしまうと思われます(>_<)

なので、ネタバレ含まれますので
まだ「斎藤一ルート」をプレイしていない人
くれぐれも「続き」を読まないように気を付けてくださいませ


>ブログ拍手&コメントありがとうございますーっお返事は「続き」の最後に書かせていただきますね



ネタバレ含みます!くれぐれも未プレイなかたはご注意下さい


とにかく 斎藤さんで進めました・・・
しかし・・・
個別ルートに入るまでが

やたらと長いっ!!(>_<)

なので、2周目以降からは
その分、サクサク進めるのかな?とも思われますが・・・

斎藤さんルートに入るまでも
入ってからも・・・
どうしても「こっちは違うだろうな・・・」的な選択肢までも
試してみたくて、もれなく見ていました(苦笑)
だから進まないんだと思うんだけどねっ

でも、ハズレと言われる選択肢の中の言葉にも大事な言葉があるんですよっ!!
ここ要チェックだと思われるんですけど~・・・
大事っ大事っ

今回のお話「黎明録」は・・・

夜明け・・・
始まり・・・

という意味からわかるように
「新選組」としての立場が確立する前の物語です。
なので、いろいろと苦労たくさんしていたり
結構皆様子供っぽかったり・・・(微笑)
少し、若い(青い・微笑)彼らに出会えます(*^-^*)
まだ、斎藤さん以外の人はプレイしていないので
詳しいことはわかりませんが
共通ルートだけで見ても
土方さんと沖田さんは、本編よりも格段に幼い気がします(*≧m≦*)ぷぷっ
なんだか可愛らしい・・・ぷぷぷぷぷw

対して・・・
斎藤さんは・・・
斎藤さんなんだけども・・・
彼の葛藤も描かれているし・・・
登場シーンでの彼も独特で・・・
全然変わらないわけではないんだけどね

史実からもわかるように
彼は、試衛館組とはちょっと遅れての合流となります。
なので、登場するまでに時間がかかります
でも、スタッフプログで言われていたように
「満足のいく登場シーンだと思います」
それは・・・
プレイしてみてご確認ください(*≧m≦*)

「黎明録」は本編と違って、男性視点で描かれているため
男らしい・・・骨太な感じがしますね・・・

男 斎藤一

男らしい 斎藤さんの姿がすごく表現されいます・・・
男性から見た、彼の魅力って感じかな?

そんな男らしい斎藤さんに
ますます惚れ直してしまいましたよ(●≧∇≦●)

女性に対しても、甘い言葉を囁くような人ではありませんでしたが
(最後は囁きますが・微笑)
男性相手だとちょっと厳しかったりします・・・
でも、「まるでお母さんのよう」と言われていたように
子供な龍之介くんに対して、説教したり、説き伏せたり、怒ったりして
諌めていく彼の姿も微笑ましかった(*≧m≦*)

他の人との関わりあいや、流れがまだわからないので
なんとも言えませんが・・・
お互いに信頼していく関係が素敵でしたね・・・

女性に対しては、決して言わないであろう本音や弱い部分
信頼できる男性にだからこそあらわすのであろう
不安定であった部分・・・
そんな部分にちょっと胸が痛みましたが
最後までやり切って
プレイし終わって
本編の あの・・・
何事にも揺らがない信念を持った男 斎藤一があるのでしょう・・・
というのがわかりますっ!!

「薄桜鬼」の大元である

「守りたいものがあれば 「鬼」になれ」

この「鬼」になれ
という「鬼になる覚悟」の意味が 結構重要ポイントになってました!!
あぁ・・・そうなんだ・・・って感じ・・・

この「覚悟」は、信じた道だから
結局最後は自分の意思で実行する・・・覚悟
そういう覚悟を持って、斎藤さんは命令を実行しているんだ・・・

斎藤さんの言葉は、重く 心に沁みこみました・・・

天分というのは 一つのことを続けられるか・・・
才があっても、途中で投げ出せば成長しない

続けることの重要さを思い知らされました


斎藤さんの 本物の武士の姿
をまざまざと見せつけられました


自分がどう生きたいか
最期の瞬間後悔せずにあの世へ逝けるか・・・

そんな覚悟を持って戦い抜いた斎藤さんの生き様は
今の時代はマネできるものではありませんが
凄い・・・と・・・
陳腐な言葉がもしれませんが
改めて思いました・・・


ストーリーは重いだけではなく
最後の最後には・・・
甘いストーリーもありますので
その辺は、最後のお楽しみで見てみるといいかと思われます(*≧m≦*)


・・・今は抜け殻状態なので・・・
落ち着いたら・・・
沖田さん(いつもこの順番)にいかせていただきます


~コメントありがとうございます~
>11/01 09:54のかた
コメントありがとうございますっ
ホント・・・
自分のペースでまったり進めたい・・・と思いつつも
時間の使い方がへたくそな自分が情けないでしゅ・・・
やらなくちゃいけないことがたくさんあって
結局何も出来てない・・・うるうる・・・
そして、今日も時間だけが過ぎていく・・・って感じ(苦笑)
とりあえず、仕事に支障をきたしてはいけないので
やっぱりまったり進めましゅ

PS.「でしゅ」ってあだ名 かなり気に入ってしまったでしゅぷぷっ


| 薄桜鬼のこと | 18:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT