蒼葉の独り言

日々の出来事。出かけた「旅」や美味しいモノ♪コラボが大好きなので、食べ歩き多し!のんびりまったりの日記です。(現在、参加イベント記事は過去記事一部非公開中・・・ですが、徐々に公開いていく予定です)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

隠世の扉をお頼み申す

『TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵」スペシャルイベント』

に 行って来ましたーっヾ(≧∇≦)〃

イベント

『不機嫌なモノノケ庵』
前野さんが出る・・・ってことでテレビアニメから入ったのですが
まんまとハマりまして・・・

不機嫌なモノノケ庵 コミックセット (ガンガンコミックスONLINE) [マーケットプレイスセット]不機嫌なモノノケ庵 コミックセット (ガンガンコミックスONLINE) [マーケットプレイスセット]
ワザワ キリ

スクウェア・エニックス 2014-06-21
売り上げランキング : 137716

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原作コミックスを全巻揃えました!

そして、テレビ録画をしていたにも関わらず
このイベント優先コードが入っているから・・・と

TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵」 1巻 【Blu-ray】TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵」 1巻 【Blu-ray】

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2016-09-07
売り上げランキング : 56414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブルーレイも購入!!
結局全巻揃えるつもりなんですけどもね!
なので、イベントに昼も夜も申込みが出来まして
幸いなことに、どちらも当選したので行って来たのでありますっ!!

・・・練馬に・・・

練馬

練馬・・・
初めて行きましたよ・・・
意外に遠かったです(>_<)

そんなこんなで
いつもどーりに「感想」を「続き」に書かせていただきます~(o^∇^o)ノ


こちらの記事は、「非公開記事」から「公開記事」に変更した記事です。
もともと公開しない方向で書いていたので、表現が雑なところもありますがご了承ください
(呼び方が、かなり馴れ馴れしく書かせていただいてます
あまり見苦しくない程度に、今後変えていく箇所が出てくるかもしれません(>_<)
自分チェックの甘い箇所はお許しくださいませ~




『不機嫌なモノノケ庵』

まえぬ目当てで入ったんですが
ストーリーが ホント ハートフルで温かく
気持ちの良いお話なんですよ

なので・・・
なので・・・
ドップリ ハマってしまいましたw
(知らないかたっ!超オススメなのですっ!

イベントには、まえぬに会えるし・・・で
どうしても
どうしても行きたくて・・・

めっさめさ楽しみにしておりましたっ!!(●≧∇≦●)

それに・・・
アニメも観ていたリモに
原作も貸して、巻き込みまして(微笑)
一緒に行って来たのですよーっ!!(●≧∇≦●)

このイベントは
『モノノケ庵』のイベントとしても初めてらしいのですが
どういうイベントになるのか未知で
公式の方も、詳細がギリギリまで発表されずに
かなりヤキモキしてしまいました・・・(>_<)

グッズ発表も前々日にされたし
チケット自体が「整理番号」で配布されていることに不安が・・・
当日、座席のチケットに交換という
今までにないスタイルで、何時に行けばいいのか・・・等々
不安だらけの出発でありました

グッズも 3000円以上で貰える・・・という
当日朗読劇で使われる台本の小冊子。
これが欲しくて・・・欲しくて・・・
販売時間前に、もちろん到着したのですが
列・・・もう出来ていますよね・・・当たり前ですよね・・・うん

しかしっ!!!
ここの会場のスタッフさんの手際の悪さが酷いっ!
人数はいるのに、そのスタッフが生かされていない
無駄に立っている人多し!!

リモと並んでいた物販列・・・
無情にも私とリモが分断されてしまい
リモから後ろの人達にしていた説明が

「30分で30人~40人しかさばけません。ここから後の人は開始時間に間に合わない可能性をご了承ください」

・・・というような内容を 当たり前のように!上から目線で声高にのたまう
・・・え!?
なんでもっと早くさばけない??
しかも、もっとさばいてないよね??
なんでエラそうなの??

分断された私は、ギリギリ間に合うというのか・・・
一緒にいた人達と不満でモリ上がってしまったよ(笑)
どうやらレジは2つ
他に1人 何もせずに立っているような人は
特典の対象外になる「マスキングテープ」のみの販売の人の様・・・
無駄な・・・人員・・・
もっと こう 他にいろいろあるだろうっ!!
手際も悪いし なんでレジ2つ!?
さばける人数だと思っていたのだろうか・・・
しかも、この後チケット引き換えねばならない。
それも時間がかかる・・・
いろいろ 問題が多すぎるよっ!!
無駄に働かない人達が多すぎるし
動作も遅いし エラそうなおっちゃんが鼻につく
そんなこんなでイライラとストレスマックス状態で物販を買い終え
分断されたので、リモがチケット交換側に走ってくれて
無事にことなきを得ました・・・ありがとう・・・ホロリ
1人で参加していた人は、さぞかし大変だったことだろう・・・

そんな苦労してGETした戦利品達

ぐっず
(映っているモジャは、うちにお留守番していたモジャをいれましたw売り物ではありませんよw)

会場のスタッフはダメダメでしたが
イベントのスタッフさんは、物凄く頑張ってくれていましたっ!!
本当に・・・
制作スタッフさん
原作者さん
出演者さん
皆様に愛され、大切にされている作品なんだなぁ~・・・と
そう思えるイベントでしたよ

そんなこんなのイベントは
昼と夜と構成は同じ
朗読劇も同じでしたが
クイズやトーク内容は違っていました。
それを混ぜつつ、昼・夜の「感想」として書かせていただきます

今回、思ったのは「整理番号」で渡され
当日「指定席」と交換するシステム。
時間の無駄でしかないこのシステムですが
聞くところによると、転売防止とのこと。
本当にそうなのかしら??甚だ疑問であります(>_<)

そんな 当日わかる指定席・・・
昼の部は1階席の真ん中よりやや後ろ。
夜の部は2階席のやや前方。
そんな席でした。

今回の出演者は・・・
梶裕貴さん  (芦屋 花繪役)
前野智昭さん (安倍 晴齋役)
高垣彩陽さん (藤原 禅子役)
大谷育江さん (ヤヒコ役)
日笠陽子さん (コウラ役)
の5名。

出演人数としては、かなり少ない・・・
私・・・こんなに少人数のイベントってあまり行ったことが無いので
どんなイベントになるか見当もつきませんでした。

舞台には【物怪庵】を模した茶室が作られており
そこにモジャが鎮座しておりましたよ(*^-^*)可愛い

イベントが始まると
晴齋の・・・

「隠世の扉をお頼み申す」

セリフにより スモークがモクモク・・・と・・・
そして、暗闇から ババンッと【隠世の扉】が出現っ!!まるでマジックのよう

凝った演出で、本当に【隠世の扉】が出演したかのような錯覚に・・・
その扉から梶くん・まえぬ・と 順番に出てきてくれます
なんて 素敵演出

まえぬの服装は、恐らく「晴齋」を意識したと思われる
赤いブレザーに赤いネクタイ
(晴齋は赤いカーディガンだけどもねw)
ちょっとオトパのルパンっぽい感じではあったけども
こうして役を意識してくれた服装って 
なんだかとっても嬉しい気がしますよね(*^-^*)
相変わらず、スラッとしているのでとってもカッコ良く着こなしておりましたよ

そして・・・
ヤヒコ役の大谷さんっ!!
お声は、いろいろな場面でよく聴かせて貰っておりますが
ご本人を拝見するのって初めて・・・かも??
声っ!!
生声っ!!
大谷さんだっ!!!(当たり前w)

いやいやいやいや
でも、本当に「あの」声を生で聴くのって
なんだか不思議な感じがしますよぉ~・・・
ご本人さんも可愛らしい人で 会えて感動・・・(● ̄∇ ̄●)じぃ~ん・・・

司会のかたがとっても上手に進行してくれるので
サクサク気持ちよく進んでいきます。

「ルーレットトーク」・・・と言いつつ
ただのスイッチのオモチャに合わせてスクリーンにルーレットが映る仕掛け。
恐らく、止まる位置は決まっているのであろう・・・

今までで放送された話を回想するのですが
裏話なんか聞けてとっても得した気分になるw
アフレコの時にゲストさんがベテランさんなので
そういうベテランさんと、新人さんの見学があるから
梶くんとまえぬは「中間管理職」のような立場になっていた・・・とかw
現場の雰囲気が良いこと
みなさんが和気藹々としていること
そういうことが節々から感じられるエピソードテンコモリモリでした

そして なんと言っても「朗読劇」
これが凄かったっ!!
今回のイベントの本気を見たよっ!!

オリジナルの描き下ろし・・・というのは当たり前なのかもしれませんが
原作者さんが、わざわざイラストとして描き下ろして
スクリーンに投影され、まして、 少し動きまで入れてくれる・・・という
手作り感満載で、原作者さんの「愛」に溢れた作りでした

人間も物の怪も、作中では交わらない人達が交わるパラレル世界。
実際、作中で禅子とコウラさんが出逢うことはないけども
それが実現しちゃうパラレル

原作者さんからの手描き注意書きが投影w
『都合により 現世・隠世のキャラクターごちゃまぜでお届けします。ご了承ください』
とのこと(微笑)

【もしもノ怪】
と題された 3話オムニバス形式でしたw

「みんなで遊園地アルバイト」
立法に頼まれた「不機嫌アイランド」でのお化け屋敷のバイト。
それぞれの扮装がおもしろかったり可愛かったり(*^-^*)
私的には、晴齋の無表情に矢が刺さった顔とか
モジャのニンニクとかがとてもツボでしたね(*≧m≦*)めっさかわゆい
絵がピョコピョコ動くのもとてもかわゆい(*≧m≦*)

朗読劇に挟んでトークとかクイズとかあるのですが
クイズが めっさめさカルトなクイズで
わかんないよっ!!めっさ難問だよっ!!
という問題ばかり!!!

薬を渡したのは、何時とか・・・
尾びれは何枚とか・・・
ノートに書いてあった文字とか・・・
本の値段とか・・・

3択にしてもわかんな過ぎるっ!!

アニメで、そんなこだわりで隅々にまで書きこまれている・・・なんて・・・
アニメ制作側 恐るべしっ!!
そこまで誰も見てないだろうっ!!
って 所まで書きこまれていて驚いたよ!!

回答者も もうこうなったら「勘」以外の何物でもない方法で勝つしかない!
ガチな商品ってことで、みんな本気で考えてた(笑)

こういうクイズって、わかりやすい問題にふざけた回答・・・っていうのが多い中
ガチな難問にガチに考えて答える姿勢って 私は好きだなぁ~・・・
クイズも本気で回答して欲しいっ!
ふざけていい時とわるい時の区別がないイベントもある中
気持ちのよい回答でありました

昼の部は、勝者 梶くん!
景品は・・・
京都旅行 往路のみ(笑)

夜の部は、勝者  高垣さん!
景品は・・・
京都旅行 復路のみでした(笑)

往復じゃないところがミソ(笑)
どちらかが自腹・・・という・・・w

朗読劇も全部で3話なので
「不機嫌童話 「2人の赤ずきんくん」」
も間に入ります・・・
アドリブも炸裂するのがおもしろいっ!
特に梶くん絶好調ーっ!!o(≧▽≦)o
まえぬの晴齋は、あまりハメ外せないのでアドリブキツそうでしたが

花繪赤ずきん  「夕食シチューやめて和食にしましょうかねぇ~」

と 行った後の

晴齋赤ずきん  「和食っ(めっさ嬉しそう)

に 夜の部では言っていたのがかわゆかった(*^-^*)

3話目は
「幼稚園児と保育士さん」
「不機嫌幼稚園」(この名前どうなの?)
通う園児は、モジャとヤヒコ
この2人・・・めっさかわゆい(*^-^*)
ねんどで花繪を作る・・・というのだが
花繪の作品を無情にグーパンで潰した晴齋・・・ひどいw
モジャの作品がめっさ精巧で素晴らしいのに驚いたw
モジャの隠れた才能か・・・(微笑)

夜の部で。この朗読劇の絵がババババババ・・・と進んでしまうハプニングが!?
慌てて戻っていたけど

「走馬灯のように・・・」

というアドリブが光ってました(笑)

限られた絵の中で、抜群のタイミングでアドリブを入れたり
そのアドリブに的確に応えたり・・・
本当に「プロの技」を見させていただきましたよ

書き下ろしのいちいち動くイラスト
それに対応して素敵に演じる演者さん達
細かい所をクイズに出来るほど書き込んでいたアニメ制作側

みんなみんな 作品に対して「愛」が溢れていて
本当に素敵なイベントだったなぁ~・・・(● ̄∇ ̄●)

当初は、この人数で大丈夫かな??なんてことも思ったけど
みなさんがみなさん とても素敵でおもしろく
息もあっているし、やり取りも的確で無駄がなくおもしろい
内容テンコモリモリの素晴らしいイベントで
昼も夜も参加出来て 本当に幸せでした

アニメのOPを歌ってくれたThe Super Ballさんのライヴも
テレビサイズじゃないフルで聴けたのも嬉しかったし
お2人がすごく作品好きでいてくれて
一番好きなキャラは・・・に対して

「ジョウマツ」

と 答えてくれた素晴らしさっ!
しかも細かい所にこだわりまであって
本当に作品を好きでいてくれているのがわかるエピソードが
ホッコリして嬉しかった

ライヴに入る直前
梶くんがモジャをキーボードの上に乗せに来てくれて
それでは邪魔になるのか(笑)
落とすのを危惧してか
下に置いた時に、カメラさんの抜きの映像がグッジョブ

会場のスタッフさんは酷かったけど

大ホール
(会場的には、アットホーム感漂う素敵な感じでしたが)

イベントの制作者さん側のスタッフさんは素晴らしかった・・・

また『モノノケ庵』のイベントがあったら参加したいなぁ~・・・

帰りは遅くなっちゃったけど
地元に帰ってプチ打ち上げ

乾杯

この日、風邪で絶不調で声がほとんど出なかったのがつらく
ビールも一杯だけしか呑めなかったのは切なかった・・・
元気にガンガン打ち上げたかった位
素敵なイベントでした

| (剣が君以外)前野さんのこと(まえぬ&けんぬ等) | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT