蒼葉の独り言

日々の出来事。出かけた「旅」や美味しいモノ♪コラボが大好きなので、食べ歩き多し!のんびりまったりの日記です。(現在、参加イベント記事は過去記事一部非公開中・・・ですが、徐々に公開いていく予定です)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

そして伝説へ…

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』コチラ

ドラクエ

行って来ましたよっ!

『ドラクエ』も30周年・・・
凄いなぁ~・・・
私が初めてプレイをしたゲームが『ドラクエ』だから
私にとって特別なゲームであります

そのゲームのライブってどういうことをするんだろう・・・
CMで見る限り かなり壮大で大がかりで
とっても楽しそうであるのがわかり
とても楽しみにしておりましたーっo(≧▽≦)o

こちらの記事は、「非公開記事」から「公開記事」に変更した記事です。
もともと公開しない方向で書いていたので、表現が雑なところもありますが
ご了承ください
あまり見苦しくない程度に、今後変えていく箇所が出てくるかもしれません(>_<)
自分チェックの甘い箇所はお許しくださいませ~




グッズ的なモノは買う予定が無かったので まったりと行こうか・・・
と いうことになり
普通に横浜で買い物をしてから行くことになりました。

お昼を食べてから いざ「横浜アリーナ」へれっつらごーっ

お昼

お昼はココナッツカレーにしましたよ


会場は【横浜アリーナ】
「テイフェス」以来の、今年2度目の「アリーナ」ですね

ありーな

「テイフェス」とは 全く客層も雰囲気も違いました。
老若男女勢ぞろい・・・って 感じでしたね!
さすがは「ドラクエ」
年齢層の幅がハンパないっ!!

私は、もともとゲームって子供の頃はプレイしない子だったのですが
兄が「ドラクエ」大好きで・・・
それが、病気をしてから家にいるようになった母に伝えて伝染し(笑)
それから私にも伝染していった・・・という
(父以外はドラクエ一家であります・微笑)

この「ドラクエ」に出逢っていなければ
私は未だにゲームをしない人になっていたかもしれません・・・
(そうでないかもしれませんがw)

そんな「ドラクエ」ですから
思い入れは大きいですねっ!!

グッズは買わなかったけど
パンフは欲しかったので購入しました

さすがは「ドラクエ」!!
グッズ売り場ではなく・・・

「道具屋」(笑)

道具屋

雰囲気あるよ~・・・
さすがだよ~・・・
こういう「遊び心」大好きですっo(≧▽≦)o

パンフも・・・

パンフ

魔道書のようで素敵ですっ


中に入ると・・・
いきなり こんなモノがお出迎えっ!!!

きんぐすらいむ

キングスライム

ごーれむ

ゴーレム

どちらもかなり巨大です!!
もう既に心はドラクエの世界に入り込んでしまいましたねぇ~・・・


さて 席は かなり舞台に近い席でしたが
フラットな席なので 中心にある巨大な舞台の裏側とか
反対側とか
そういう死角があり 観えない時がありましたね(>_<)
少し後ろの方でも 上から観れる席の方が全体見渡せたかもしれません(>_<)
でも、迫力は凄かったっ!!

舞台の主軸は『ドラクエⅢ』の世界のお話となります。

私・・・
「ドラクエ」のシリーズの中で一番「Ⅲ」が好きなんですよーっヾ(≧∇≦)〃
EDで

 そして 伝説へ・・・

の文字を見た時の感動っ!!

あぁ・・・これから「Ⅰ」「Ⅱ」へ 続いて行くんだ・・・と・・・
伝説の勇者なんですよっ!!
ストーリー自体も好きでした・・・


さてさて ライブが始まる前に
前説のような役者さん達による盛り上げ がありました。
トルネコも出てきて 更にモリあがりますっ!!


「あなたのお名前は??」

客席に降りて (主に)子供さんに聞いて行きます。
そして、その名前をみんなに呼ばせて返事をしてもらう。
素直な子供さんが多かったですねw
「勉くん40歳」な大きい子供さんもいましたが(笑)

父親につけてもらった名前でしょうか・・・
母親につけてもらった名前でしょうか・・・
あるいは別な人・・・

どんな人でも、最初から名前があって生まれてくる人はいない。
誰かに名前をつけてもらわなくてはならない。

 なまえ

これが重要なポイントなんです!!
「ドラクエ」の主人公には名前がありませんよね??
まずは「名前」を決めることから始まります。


舞台では、勇者には名前がないので
(きっとプレイヤーそれぞれの名前があることでしょう・・・)

「勇者」と呼ばれます。
固定の呼ばれ方で「アニキ」はありましたけどw


「Ⅲ」のストーリーなので
勇者の父親 初代勇者オルテガの戦いから始まります。
当時、ここのシーンは哀しくて・・・哀しくて・・・
思い出してしまいましたよ

アリアハンにいる勇者にたくされ
物語がはじまります。

「Ⅲ」のストーリーですが
勇者以外は他の「ドラクエシリーズ」からのキャラがいろいろと混ざっていました。

「Ⅳ」のアリーナ姫
「Ⅵ」のテリー
「Ⅳ」のパノン
「Ⅷ」のヤンガス

彼らが【名前を呼ばれ】導かれてこの世界に来たという・・・


とにかく 舞台装置というか 演出が凄いっ!
巨大スクリーンが降りてきて そこに投影されるプロジェクションマッピング。
彼らが放つ呪文が投影されるんですよっ!!(大興奮!)
勇者の「ライデイン」はもちろんのこと
テリーの「しんくう斬り」「はやぶさ斬り」
アリーナの「ばくれつけん」「せいけんづき」
等々・・・

「メラゾーマ」に「イオナズン」
それが視覚として見られるって凄いっ!!(大興奮!)

呪文もそうですが、背景もプロジェクションマッピングで演出・・・
海原や雲海 お城や町の風景・・・
本当にそこに迷い込んだように・・・
ゲームの世界が体験できる感じで すごく興奮してしまいました

「Ⅲ」のストーリーではあるのですが
他のシリーズからどんどん出てきてくれます。

歴代の勇者勢ぞろいの時は 感動しましたよーっ!!
ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃(大興奮!!)

改めて歴代の「勇者」を見ると・・・
それぞれ特徴あるんですねぇ~・・・
あぁ・・・このシリーズの勇者はこうだった・・・って 思い出してはニヤリって感じでした

「Ⅴ」の天空の花嫁では お嫁さん選びがありましたが
皆さんはどちらを選んだのでしょう・・・
私は「ビアンカ」派でしたよ
この2人の戦いもありましたよ(微笑)

このように懐かしいキャラクター
懐かしい呪文
懐かしい音楽
全てが当時を思い出します

音楽聴くだけで
あぁ・・・あのシーンだ・・・あの場所だ・・・
って わかりますから・・・
ちょっと涙ぐみそうになったのは内緒です・・・(小声

観客もただ観ているだけではなく
「参加」できるんですよっ!!
席に置いてあった光るブレスレット(のようなモノ)
これを装着していると、いろいろなプログラムされた光を光り出してくれます。
対面の席に見える光の海がとても綺麗で
向こう側からもこちらは同じように見えているんだろうな・・・と 思うとドキドキしました
その「光」の1つになれている自分・・・
そういう風に「参加」出来るのもとても楽しかったですね


やっぱり「ドラクエ」の世界は好きだなぁ~・・・
またちょっとやりたくなってしまいましたよw単純

そんな「ドラクエ」の世界から
現実の世界に戻り

夕飯を食べて・・・

夕餉

もちろん!「乾杯」をして

乾杯

余韻に浸りつつ帰宅しました

| ゲームのこと | 23:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT