蒼葉の独り言

日々の出来事。出かけた「旅」や美味しいモノ♪コラボが大好きなので、食べ歩き多し!のんびりまったりの日記です。(現在、参加イベント記事は非公開中・・・ですが、過去から徐々に公開中)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「薄桜鬼 真改 風ノ章」フルコンプ!!

『薄桜鬼 真改 風ノ章』コチラ

薄桜鬼 真改 風ノ章 限定版薄桜鬼 真改 風ノ章 限定版

アイディアファクトリー 2015-09-25
売り上げランキング : 170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フルコンプ達成致しました~ヾ(≧∇≦)〃

トロフィーがちゃんと「100%」となりましたよっ!!
・・・うん!達成感っ!!

私にしては、かなりのスピードで頑張ったと思います
いつも人よりも遅いので・・・w
(昔、人に「遅い」と言われたことがあるかなりトラウマな言葉です

「真改」は、増えに増えた攻略対象12人・・・(>_<)
一番の推しキャラである斎藤さんの感想は
以前にガッツリと書きましたので(感想はコチラ
ご興味がございましたらば読んでみてくださいませ

他の人の感想は・・・
それぞれ一人ずつは、かなり大変なことになりますので
各々の感想は書くことは出来ません。
全体の感想等織り交ぜながら
気になったところや思ったことがあったところを
ピックアップして「続き」の方につらつらと書かせていただきますね

「感想」になりますゆえ
ネタバレをガッツリしております!!
まだ未プレイのかたは、くれぐれも覗かれませんよう
ご注意くださいませ
・・・
良い感想だけではなく、悪い感想も書いておりますゆえ
気分を害されるかたもいらっしゃるかと思いますが
あくまでも、私個人の感想ですので
くれぐれもご容赦くださいますようお願い致します



>早速のブログ拍手&コメントありがとうございますっやはり「薄桜鬼」は良いっ愛故にいろいろと物申すことがありましたが、でもやはり「薄桜鬼」は大好きなんですっコメントのお返事は「続き」の最後に書かせていただきますね
(お返事2件追加しました10.13更新




プレイした順番ですが・・・

斎藤一
 
伊庭八郎
 
沖田総司
 
永倉新八
  
坂本龍馬
 
原田左之助
  
相馬主計
 
山南敬助
 
山崎烝
 
藤堂平助
 
風間千景
 
土方歳三
 
ノーマルエンド


実は・・・
ノーマルエンドの存在を知らなくて・・・
副長まで終わったのに、トロフィーが「100%」にならなくて焦ったのですよ!

何が??
何が足りないの??
・・・と、調べたところ ノーマルエンドの存在を知ったわけです(^-^;)

それぞれのエンディングは・・・
グッドエンドと悲恋エンドとバッドエンドの3つがあります。


「真改」となり、3人の「追加キャラ」が増えました。
伊庭八郎 相馬主計 坂本龍馬

そして、その人たちに関わる人物・・・という
武田観柳斎 本山小太郎 三木三郎 野村利三郎 中岡慎太郎
も追加されました。

でも、この人達は ほぼ今までのキャラクター達には関わらず
追加キャラにのみ絡んでくるので
追加キャラルートでなくては出逢わなかったりします。
なので、どうして追加キャラを作ったのか・・・
これまでの「薄桜鬼」で充分ではなかったのか・・・
その辺が、今までの「薄桜鬼」をプレイし続けた私としては
甚だ疑問でありました・・・(>_<)

追加キャラに関しても
今までの「薄桜鬼」の世界観とは少し違う感じなイメージです。
ヒーロー然とした、すごく良く出来た人物だったり
(容姿が綺麗とか、剣術が優れているとか・・・)
伊庭さんが沖田さんに匹敵する剣術の腕前というのも
ちょっと、追加キャラでいきなり沖田さん級の凄腕っていうのも納得がいかないっ!
私としては、沖田さんレベルっていうとかなりの凄腕剣士なので
斎藤さんがライバルとして沖田さんが「やっと対等に戦える相手に出逢えた」と認めた人なんだと
そう思っていたので、ちょっとガッカリ・・・

人間臭さが無い、本当にフィクション感が漂う感じがして・・・
「薄桜鬼」の世界観を壊された気持ちがしたのであります

恋愛としても・・・
「薄桜鬼」って、いわゆる「乙女ゲーム」と言われるゲームの中で
異彩を放っていたように思うんですよね・・・

硬派

として・・・

千鶴ちゃんに対して
平助くんにしても左之さんにしても
最初は「敵」として、冷たい目で見てくるんですよ!
態度は優しくても本当はまだ信用していないよ・・・みたいな感じで・・・
新八さんも最初は気を許していなかったし・・・

そういう「硬派」な新選組の人達が
徐々に時間をかけて、千鶴ちゃんを「仲間」として認めていき
その後、恋愛対象として見ていく・・・という
それが「薄桜鬼」の良さだったと思うんですよ~・・・
現に私は、すごい「乙女ゲーム」だな・・・って思って
そこに惹かれたんですからっ!!

なのに・・・
なのにですよっ!!

追加キャラの伊庭さんや相馬くん坂本さん・・・
みんな最初から好意丸出しっ!!!
なんか・・・普通に「乙女ゲーム」になっていた
物足りない・・・「薄桜鬼」じゃない・・・

伊庭さんのルートはなんか物凄い展開で・・・
現実離れしていったストーリー展開になっていったし
坂本さんルートは・・・
やはり「佐幕派」でいた私としては(笑)
「討幕派」は敵なんですよっ!!!
敵側の人に惚れる千鶴ちゃんが切なくて・・・切なくて・・・
一緒に戦ってきた「新選組」を裏切る行為に思えてなりませんでした(>_<)

相馬くんは、唯一「新選組」側の人なので
他の2人よりは良い印象でありました(エラそうw)
違った側面から見た「新選組」って感じで
興味深くはあったんですけど
やはり、「薄桜鬼」としては異彩を放っていた感じですね・・・

あとは、今まで攻略対象ではなかった
新八さん 山崎さん 山南さん
恋愛対象として見るのは・・・ちょっと照れくさい・・・というか
なんか・・・不思議な感じがしました。

新八さんは「妹分」として可愛がってくれていたので
いざ恋愛・・・となると・・・どうなんだろう・・・
って思ったし
山崎さんも「仲間」として関わっていたし
山南さんもねぇ~・・・
好きになるの??って不思議な感じがしました。

山南さんは既に通常でも変若水は飲んでいましたが
新八さんも山崎さんも今までは変若水は飲みませんでした。
だがしかしっ!!
山崎さんは変若水飲まないと死亡でしたので
まぁ 飲むのは理解していたのですが・・・
新八さんて飲まないって思っていたんですよっ!!
左之さんと新八さんは飲まない人達であって欲しかった・・・
新八さんは変若水を否定していた人だしね!
だが・・・
だが・・・
あんな展開とはーーーーーーーっ!!

私・・・
かなりの衝撃を受けました・・・

だって新八さんって史実でも生き残ってくれていた人なので
変若水飲ませなくてもいいんじゃないかと・・・

ここで、もしかして左之さんも飲んじゃうって「変更」されてないか
すごくすごく不安になったのですよ(>_<)
大丈夫で安心したけどもw

「真改」でかなり変更されたことも多く
良かった変更もあれば
変更して欲しくなかったことも多々ありましたね・・・

平助くんルートは、ちー様が千鶴を諦めさせるのは
千姫が身代わりになるんじゃなかったかしら??
そこも変更されていたし
一番の変更は・・・

ちー様ルートですよぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!

え??
新選組を追っていくんじゃなかったの??
全然別の目的になってますが??
どういう展開になっていくの??
えぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!Σ( ̄口 ̄|||)
いや・・・もう・・・ただただ驚き・・・

ちー様の随想録も普通に新たに導入されていたし
今までは確かにちー様って「隠しルート」というか
通常の攻略キャラではなかったけどもね・・・

それから、辻褄があわないストーリー展開も多く
今まで「薄桜鬼」をプレイしていたからわかるけども
時間軸がおかしかったり
以前に説明されていたことが、改めて初めてわかったこととして
話されていたり・・・
時々「あれ??」的なことはありましたね。

ちー様が千鶴ちゃんを「同胞」と言っていた
という記述はどこかしこにも書かれていたけど
ちー様ルートでしか言われていなかった・・・
今までは、二条城の警護の時に

「同胞」

と言っていたけども
今回は言われていなかった・・・

細かいことだけども、「同胞」は「どうほう」ではなく「はらから」と
ちー様は以前は言っていました。
でも、アニメで「はらから」と発音してもわからないと判断されたのか
「どうほう」と言っていたのを、ここでは「どうほう」で使われておりました。
私としては「はらから」の方が、ちー様っぽくて良いと思うんですが・・・

アニメルートや映画ルートを織り交ぜての「真改」という感じでした。

気になったところは・・・
平助くんと沖田さんの笑顔が
物凄く「ニッコリ」笑顔になってませんか??
以前はこんな表情だったかしら??

土方さんは、ずっと「雪村」呼びしていましたが
以前は「千鶴」呼びに途中からなっていました。
斎藤さんだけ、しつこく「雪村」呼びだったんですよね・・・(^-^;)

それから・・・
「随想録」のお話もそれぞれ3つ
時間軸に合わせて入れられていましたが
土方さんだけ・・・2つしか無かった・・・
あの島原での酔っ払いのお話は無くなっていましたね・・・
そして・・・
髪を下ろしている土方さんを
随想録ではちゃんと千鶴ちゃんが結ってあげていたんですが
「真改」では、結わかせてくれなかった・・・(T▲T)
(ちゃんと随想録で確認しました!)
なんで変更されたんだろう??

以前の斎藤さんの感想のところでも書きましたが
全て録り直されているので
以前とはかなりトーンや言い方が違うのですが
土方さんは、かなり以前に比べると
ゆっくりとドスの効いた言い回しになっていて
更に「鬼副長」の貫禄が増している感じでしたね(微笑)
皆様も比較的、「真改」の方がゆっくり目な感じです。

土方ルートでのちー様が
物凄くイヤな感じになっていたのも驚きでした・・・
なんだかんだと、千鶴ちゃんに対しては紳士な態度だったのに
普通に蹴り入れたり、投げ飛ばしたり
悲恋やバッドは物凄いことに・・・
これって、ちー様ファンのかたはどうなんでしょう・・・

・・・ん??
改めて感想をつらつら書いていたら
「真改」になってマイナスと感じたことしか書いてない感じ??
あれれ??
でも、マイナスイメージというか
やはり「薄桜鬼」は、最初の無印が「薄桜鬼」として出逢った最初の作品で
それが偉大であったのですよっ!!
なので、アニメのストーリー、映画のストーリー
それに加えて「十鬼の絆」のストーリー「裏語」を混ぜてくる
そういうのが、私としては異端に感じたのではないかと思われます(>_<)

でもでも・・・
追加されたストーリー等々
史実を織り交ぜた肉厚にされたストーリーには
感服したので、やはり「薄桜鬼」は素晴らしい作品と思います
大好きな作品なので、やはり想うことが多々ありまして
マイナスなことばかり書いてしまいましたが
一気に終わらせる面白さのある「薄桜鬼」は
やはり特別な作品であります

映像や効果がとても綺麗になっているので
それが凄く感動しましたっ

後編の展開もドキドキではあるのですが
楽しみに待っております(●≧∇≦●)


~コメントありがとうございます~
>10/10 20:47のかた
コメントありがとうございますっ
お久しぶりですーっ
うわわわわわわわっ!
最後まで読んじゃいましたか??ネタバレガッツリでしたが大丈夫でしたでしょうか??
どきどきどきどき・・・
ちー様ファンでいらっしゃいましたねっ!!!
プレイされるとどうなのでしょう・・・
どんな感想を持たれるかとてもとても気になりますーっ
おぉぉぉぉぉっ!!
いつも読んでいただき、楽しんで読んでいただけて
とてもとても嬉しいですーっ
嬉しいお言葉ありがとうございますっ
新八っつぁんは、変若水飲まなくても良かったのでは・・・と
そういう人じゃないと・・・思ってしまうんですよね・・・
どういう経緯かは、プレイしてみてくださいーっ!とても驚愕すると思われます
娘さんのテストがあるのですね頑張ってくださいませー!
そして、その後はガッツリと「真改」お楽しみくださいませね
娘さんは「めいこい」気になっておられるのですか??
おもしろいですよオススメですーっって
ぜひぜひお伝えくださいませー


>10/11 08:32のかた
コメントありがとうございますっ
おっつー
さすがっ!!トロコン致しましたかっ!!
羅刹にならないのは、やはり左之さんのみでしたね
確かに、「羅刹化」のグッズ等は左之さんだけ無かったりと
そういうのは切ないとは思うのですが
やはり左之さんは「羅刹化」しないオンリーワンで居ていただきたいっ!!
「鬼」である千鶴ちゃんと、「人間」である左之さん
その2人は彼らにしか無い悩みや葛藤があると思うので!
そこは譲らないで欲しかったのですよねっ
新八さんはねぇ~・・・飲まないと思っていたんだけどねぇ~・・・
あぁいう展開になるとはね・・・うん・・・

「幼馴染」は大きかったですかっ(にやり)
小さい頃の2人だけの秘密っていうのも
なかなか魅力的ではあるんだけども
もう少し、「秘密」があって欲しかったのは贅沢な望みなのでしょう・・・
まもちゃんボイスは素敵でした
字数制限ギリギリまで熱く語っていただけて
とてもとても嬉しいですーっ
これでお互いネタバレ無しにお話しが出来ますね
やはり「薄桜鬼」は私にとって特別で
大好きな作品なんだと、再確認致しました


>10/12 22:44のかた
コメントありがとうございますっ
こんばんは~
またまたコメントありがとうございますーっ
とーっても嬉しいですっ
ネタバレ大丈夫ですか??
けっこうガッツリ書いちゃったので・・・
楽しみが半減しないといいのですが・・・
新八さんの羅刹化は、ある意味ショックでした
これじゃぁ怨めないだろうし・・・切なかったです
伊庭さんもね・・・そういう風にしてきたか・・・って感じでしたけど
ちょっと・・・「十鬼の絆」とか入れて来られると・・・むむ~ん・・・的な感じがして
武田観柳斎が物凄く悪役で、ある意味トコトン悪役っていうのも良いかも~・・・
と、思いつつ 斎藤さんには絡まないで欲しい・・・と思ってしまいました
ちー様もね・・・変化ありましたよね!
坂本さんは、「裏語」を知らないのでなんとも言えないのですが
やはり「敵」なんですよ
新選組とどう関わるのかも後編の見所なんでしょうけど
とにもかくにも後編楽しみですねっ


| 薄桜鬼のこと | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT