蒼葉の独り言

日々の出来事。出かけた「旅」や美味しいモノ♪コラボが大好きなので、食べ歩き多し!のんびりまったりの日記です。(現在、参加イベント記事は非公開中・・・ですが、過去から徐々に公開中)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薄ミュ上映会

『ミュージカル「薄桜鬼」藤堂平助篇』のチケットが
無事にゲット出来ましたので
それを記念して(?)薄ミュの上映会をしようっ!
ということになりました(微笑)

薄ミュは、斎藤一篇から観ていたのですが
前回の風間千景篇は、どうしても観に行けず
残念に思っていたのですが
上映会で観ることが出来ましたヾ(≧∇≦)〃
観に行ったサチもんから

かなり泣ける内容

ということを聞いていたので
いきなり1人で観るのは号泣しそうでツラそうなので
一緒に観る上映会をしてもらいました

風間篇は内容が切な過ぎるので
楽しく見れる『薄ミュ LIVE』も観ることにしました

感想等を書きますので
ネタバレ含みますゆえ、
「続き」の方を覗かれるかたは
くれぐれもご注意くださいませ


>ブログ拍手&コメントありがとうございますっ「薄ミュ」は、これだけ続くだけの魅力があるっと、改めて実感しましたコメントのお返事は「続き」の最後に書かせていただきますね



実は・・・
次回の『ミュージカル「薄桜鬼」藤堂平助篇』の発表があった時
真っ先にキャストをチェックした私は・・・

かなり衝撃を受けたのでした・・・

『斎藤一篇』から、ずっと斎藤さん役を演じられていた松田さんが・・・
キャスト変更になり、斎藤さんが違うかたに変わっていたのです

TV出演等が増えていた松田さんなので
忙しく、そろそろキャストも変わってしまうのか・・・とは
思ってはいたのですが
急に変わってしまうと、やはり心の準備がされてなく
ただただ茫然とショックで
しばらくは立ち直れなかったのです

松田凌さん・・・
初めて「斎藤篇」での斎藤さんを拝見した時は・・・

こんなに斎藤さんにピッタリな人がこの世にいるなんて・・・

と、本当にビックリしたものです!

斎藤さんのように綺麗な顔立ちで
しかもちょっと背が小さいので小柄な人
そんなピッタリな人がいたんですねっ!!

斎藤さんと言えば、とても真面目だけども
クールで涼やかな人・・・
舞台上で、みんながどんなにハシャいでいても
常に斎藤さんのようにクールな佇まいで
素敵な流し目をしてくれていた松田さん・・・
完璧な斎藤さんだったのです

居合の構えも、立ち姿も 立ち居振る舞いも
しゃべり方から何から・・・
とても研究されていたんだと思われました・・・

なので、そんな松田さんの交代がかなりショックでありましたが
松田さんのブログを読み
松田さんの「斎藤一」への想いを知りました・・・
その想いを受け継ぐ斎藤さんを観てみたい!と
思いました!!
素敵な斎藤さんをありがとうございました・・・
斎藤さんを愛してくれてありがとうございました・・・
そんな想いもあり、
松田さんの斎藤さんが最後であるこの「風間篇」なのです・・・
それを踏まえての涙涙の「風間篇」ですね

なので・・・
まずは、最初に切ない『風間千景篇』を・・・

風間篇

『ミュージカル「薄桜鬼」風間千景篇』

ゲームでの風間ルートは、やはり他の皆様とは違う
特殊ルートでありましたので
やはり「風間篇」もそういう内容なのかな??
と、思っていたんですよね!

だがしかし・・・
話を聞いた所、「かなり泣ける話」になっているとのこと

新選組を客観的に、外側から見た状態・・・
つまり、皆様が・・・どんどんお亡くなりになっていく様が描かれている・・・と
今までのように、それぞれの相手と千鶴ちゃんがラブラブになっていく・・・
というストーリーではなく
ちー様のストーリーというよりは、新選組みんなのストーリーという感じ。
それぞれの幹部隊士にもスポットを当てられていて
「薄ミュ」の集大成のような
そんな内容のお話でありました。

ちー様がね・・・
とても素敵だったのです・・・
劇場版のちー様も素敵でしたが
そんな素敵なちー様でした・・・が・・・
千鶴ちゃんとは結ばれないのがかわいそうでした
確かに、ゲーム本編でもそんなストーリーでしたね(>_<)
「随想録」で千鶴ちゃんと結ばれて救われた感じのちー様ストーリー・・・

なので・・・
千鶴ちゃんとは結ばれないし
新選組の幹部隊士が
1人・・・
また1人と亡くなっていく状況をみせられるので
かなり・・・
かなり切ないストーリー構成であります

ゲームをやられたかたはわかるかと思われますが
あの「隊旗」を抱いて泣き崩れる千鶴ちゃんのシーンは・・・
わかっていても涙無しには見られませんでした(T▲T)
1人で観ていたら間違いなく号泣していたことでしょう・・・

斎藤さんの最期のシーンもね・・・
うん・・・
展開はわかっているし
亡くなるシーンではないんですが
切なかった・・・
変若水の瓶の蓋を口で開けるシーンは・・・
カッコ良くて素敵でした・・・
これが最後の松田さんの斎藤さんなんですね・・・(しみじみ・・・)
そう思うと感慨ひとしおです・・・

そして、同じく副長役の矢崎さんもこの「風間篇」を最後に交代なんです
すごくすごく「副長」なんですよ!!
だから矢崎さんの交代もとてもとても切ない
最後の風間と副長の対決シーンは見応えバッチリでございました!!

そういうこともあり、この「風間篇」は特別なモノだと思います・・・
そして、それを実際には観に行けなかったことが
とてもとても残念でございました・・・

だから、上映会してくれて大感謝なのです!

涙涙の『風間篇』が終わり
その日はこのまま就寝・・・

次の日は・・・
しんみりを吹き飛ばすかのように『薄ミュ LIVE』

ライヴ

『ミュージカル『薄桜鬼』HAKU-MYU LIVE』

「薄ミュ LIVE」は観に行きました!!
ライヴって何をするんだろう??と、思いつつの参加でしたが
薄桜鬼のストーリーの切なさを失くしての
お笑い要素テンコモリの楽しいライヴでした!!
その日の記事は(コチラ
感想は、その記事に書いてあるので割愛しますが
やはり楽しく観られるのは嬉しいです
特に「風間篇」の後なのでね・・・w

そして、DVDならではの特典映像。
アドリブでやるお題の「書初め」も全ての公演のが入っていて
自分達が観ていない公演も観られるのが
とてもとても嬉しかったです

ライヴはアドリブ要素が多かったので
そういう特典はとても嬉しいのですよ!
ちー様不知火の「羽根つき」とかね(微笑)
時々「素」が見れて楽しかったです

斎藤さんの「豆腐ラヴ」相変わらずで素敵でしたし
3人の千鶴ちゃんもかわいくて素敵でした
それぞれの千鶴ちゃんはちゃんと相手にくっついているのが
微笑ましくて良かったです(*^-^*)

そんな上映会でしたが・・・
やはり観たくなってしまいます・・・
最初の「斎藤篇」を・・・

斎藤篇

『ミュージカル「薄桜鬼」斎藤一篇』

全てがココから始まった・・・
ミュージカル「薄ミュ」というブランドも・・・
もちろん!当時ちゃんと観に行きましたよっ!!
その日の記事は(コチラ
感想はそちらの記事に・・・

最新の「風間篇」と比べると
いろいろと変わってきているのがわかりました・・・
ダンスのテンポとか
まだたどたどしかったりしたし
でも、初々しい姿は貴重であります

原点はココにあるんですっ!!
松田さんの斎藤さんの始まりでもあります!!
「薄ミュ」の歴史を観ている感じがしました


そんな「薄ミュ」満載の上映会でした

そして、最近届いた「薄桜鬼」グッズ達

薄桜鬼

斎藤さんがいっぱいで幸せ(●≧∇≦●)
来年のカレンダーの斎藤さんが・・・また・・・
すんごく素敵なんですよ・・・きゃっ(*/∇\*)


~コメントありがとうございます~
>11/04 10:38のかた
コメントありがとうございますっ
「風間篇」はいろいろいろいろと・・・涙涙の公演ですね・・・
まさに集大成であり、いろいろな意味での「風間篇」だったと思う・・・
観せてくれてありがとう・・・うるり・・・
もう少し噛みしめさせてください・・・


| 薄桜鬼のこと | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT