蒼葉の独り言

日々の出来事。出かけた「旅」や美味しいモノ♪コラボが大好きなので、食べ歩き多し!のんびりまったりの日記です。(現在、参加イベント記事は非公開中・・・ですが、過去から徐々に公開中)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

斎藤さんと会津

『会津・薄桜鬼ツアーのんだくれ篇』

あっ!
いやいや!違ったっ!!

『会津・薄桜鬼ツアーのんだくれリベンジ篇』
最終日の三日目となります!
本日でお終いとなります・・・

・・・察しの良いかたはおわかりかと思いますが・・・

なにゆえ この日に帰る!?

・・・そうなんです
この日の次の日の 21日が・・・

【斎藤一忌】だったんですっ!!!(号泣

・・・もうね・・・
自分に呆れてしまうし、腹も立ちます
勝手な勘違いで、【斎藤一忌】は 次の週 と思っていたのですよ!!
だから、来週ならば休めないし それなら行けないし・・・
潔く諦めて土曜日に帰って来よう・・・
(次の日にすぐ仕事だとツライし・・・)って
そう思って計画を立てました・・・

思い込みって凄いですよねぇ~・・・
至る所に「会津祭り」「新選組祭り」の旗がたなびいているのに

(来週なのに、もうモリ上がっているんだ・・・)

って、最後まで思っていた私っていったい・・・((((_ _|||))))

本格的に気が付いたのは、この日(20日)だったという
なんともマヌケ過ぎる私でありました
さすがにもう一泊の延長はムリだったので
泣く泣く帰りましたが
最後の最後に穴だらけの計画が露見してしまった旅でした

それでも・・・

もう一度会津に行きたい!!

という想いにより、私なりに頑張って調べた計画で実行したこの旅・・・
ハプニングはありましたし、後悔もありましたが
とてもとても楽しい旅行でしたっヾ(≧∇≦)〃
やっぱり会津って好きだなっ

鶴ヶ城

幕末当時を再現する赤瓦に葺き替えられた「鶴ヶ城」
思う存分満喫出来たし・・・

阿弥陀寺

斎藤さんの眠る「阿弥陀寺」にもね・・・
また訪れることが出来たし・・・
リベンジもちゃんとしてきたしっ!!

「呑んだくれ」の旅もとてもとても楽しかったっ!ヾ(≧∇≦)〃
「旅」はやはり、一生の宝、思い出です

この記事で最後となります
くみちょうと行く!『会津・薄桜鬼ツアーリベンジ篇』
「薄桜鬼」ゆかりの・・・
「新選組」ゆかりの地巡り

恐らく・・・
一番お写真も多く、かなりの長文になると思われます
(最近は、あまり写真を削らなくなってしまい、物凄い量になっていますね
回を追うごとにお写真は増えていく傾向がありますが
それでも「読んでやってもいいよ」というお心の広いかたは
くれぐれも御覚悟いただいてから「続き」の方を覗かれてくださいませ~


>早速のブログ拍手&コメントありがとうございますっ最後まで「リベンジ旅行記」にお付き合いいただきまして、ありがとうございましたーっ少しでも楽しい雰囲気が伝わりましたらば幸いなのですコメントのお返事は「続き」の最後に書かせていただきますね
(お返事3件追加しました10.5更新




本日は、会津若松市内観光ってことですが
「鶴ヶ城」をガッツリ観たかったので
かなり時間を取られると思い
朝早くから行動開始となりました。

旅行の時は、毎朝飲む牛乳w
会津の牛乳がありましたので、それをいただきました

牛乳

ホテルの朝食なので、荷物をまとめる前にいただきます。

朝食

昨日は少し食べ過ぎた感があったので(苦笑)
本日は、少し少な目に・・・した・・・つもりです・・・(^-^;)

・・・さてさて、朝食をいただいた後は、部屋で荷造りをし
会津若松駅のコインロッカーに荷物を入れてから
行動開始ですっ!!

まずは、「鶴ヶ城」へ向かうべく「あかべぇ」に乗ります
会津市内の主な観光地は、「あかべぇ」と「ハイカラさん」という周遊バスが便利ですよ

さぁっ!!

着きました!

到着ですっ!!

案内

案内図や

家紋

家紋のチェックは怠りませんっ!

おぉぉぉぉぉぉぉっ!!
「鶴ヶ城」ですっ!!

見えた!

下から見上がる この角度も好きなんですよねぇ~・・・マニアック(苦笑)

それでは、参りましょう・・・

まずは「鉄門」をくぐります・・・

鉄門

本丸を見渡します。

本丸図

本丸の復元っていうのは無いのかなぁ~・・・

綺麗

幕末の頃の「赤瓦」に生まれ変わった天守閣
以前に会津に来た時は、ちょうどこの「赤瓦」に復元している真っ最中だった・・・
「薄桜鬼」でも、しっかり「鶴ヶ城」は赤瓦で描かれていたのが
とてもとても感動したのです・・・(* ̄▽ ̄*)

正面

正面からの「鶴ヶ城」です美しい・・・
新政府により、明治7年に天守閣などの主要建築が取り壊され
取り壊される前の「鶴ヶ城」のお写真が展示されていたのですが・・・
砲弾でボコボコにされながらも、しっかりと建っている姿は
今のこの「鶴ヶ城」に重ねて見て、ちょっと切なくなったのでした

こんな「鶴ヶ城」もおりましたが・・・(笑)

なんだろう?

何?これ??ゆるキャラ??
シャチホコがでかっ!!w
(ちなみに、鶴ヶ城は「銀のシャチホコ」だそうですよ

それでは、さっそく中に入ってみましょう

入ります

割引券を使えたので、お安く入ることが出来ました

19日、つまり本日から「禁門の変 150年記念展」が始まってまして
とてもとてもラッキーでしたよ

天守閣内では、展示物等がありますので
お写真NGは当たり前・・・と思っていたのですが
お写真OKの階がありまして(太っ腹だっ!!)
その階ではお写真を撮ることが出来ました

こんなお写真も・・・

こんな写真もねw

笑ってやって下さいw
しかし、この肘掛(?)に座ろうとしていたおじさんがいてビックリした!
本当に知らなかったのだろうか・・・(^-^;)
(素でやってたっぽかったが・・・)

そして、これが赤瓦ですね!

赤瓦展示

実際の「赤瓦」も撮ってきましたよ!

赤瓦の写真

なにゆえ「赤い」か・・・というと
雪深い会津で凍み割れに強くするよう
鉄分の多い釉薬を塗り焼いたので赤いそうです。
赤瓦は日本で唯一だそうですよ

天守閣の五層が展望台になっており
会津を一望出来ます。

展望

ぐるっと廻ります。

走長屋

「走長屋」が見えます・・・
戦いの際に本丸を守るために。武士たちが行き来出来るよう
作られた建物だそうです。

中はギャラリーになっております。

その中

ちゃんと「鉄砲狭間」もありました。

八重さんの特集をやっていて
鉄砲(疑似体験)も撃たせてもらえます
ちゃんと的に当たると八重さんに褒めてもらえますが
はずすと「へったくそっ!」と罵られます(笑)
私はちゃんと当たりましたよ~

そして、紙芝居も見ることが出来まして
ちょうど「大山捨松物語」をやっていたので見てきました
一日に数回しかやっていないので
ちょうど時間に当たってラッキーでしたね!
八重さんの物語もあるそうですが
それには時間が合いませんでした・・・残念(>_<)
紙芝居のお兄さん曰く、八重さんの方がおもしろいらしい・・・

その後は、敷地内を見て廻ります。

お写真バシバシ撮っていたら

「写真撮ってあげようか??」

って声をかけてもらい 一枚撮ってもらったら
実は、もっと良いポイントがあり
(こっちで撮ってもらった方が良かったかな?)
なんて思っていたら、先ほどのおじちゃんがまた居て(笑)

「ここの方がいいね!撮ってあげるよ!」

って、またまた撮ってくれました
優しいおじちゃんだったけど、何してたんだろう??(微笑)
人を待ってたのかな??

記念撮影

「るるぶ薄桜鬼」の斎藤さんが紹介している所を網羅して行きます

るるぶ薄桜鬼 (JTBのムック)るるぶ薄桜鬼 (JTBのムック)
(2013/02/27)
不明

商品詳細を見る


まずは「荒城の月碑」

荒城の月碑

取り壊されたままの石垣しか残っていない鶴ヶ城跡をモチーフにしたのが
「荒城の月」だったらしい・・・
知らなかったよ・・・
「荒城」って「鶴ヶ城」のことだったんだね・・・
私はこの曲が好きなんですよ・・・寂しい曲なんだけど
小学生の頃から好きだった・・・
なんだか「縁」を感じます・・・

「月見櫓」

月見櫓

城の南方を見張るための重要な櫓だったらしい・・・
櫓にかかる月が美しかったことからの名前だそうです。

解説

現在は何もありませんが・・・

何もない

「茶室麟閣」

茶室

あのね・・・
私・・・「雨女」とか そういう形容を付けるならば

「工事(修復)中 女」

なのかもしれません(T▲T)

天守閣の入場券と ここ茶室麟閣の入園券がセットになったのを購入しようとしたら
「茶室麟閣」は工事のため、入れません。
と言われました・・・

ちょっと

なんか・・・もう・・・凹むわぁ~・・・

・・・

凄く入りたかったわけではないけど
こう立て続けに「修復工事中」が重なると・・・イヤになります


斎藤組長  「・・・そのような時もある。気を取り直して、次 行くぞ」


・・・はい。


こちらは「御三階跡」です。

御三階跡

移築先は、斎藤さんの眠る「阿弥陀寺」にあります!!

移築は・・・

後程見に行きますよ

次は「廊下橋」

廊下橋

東の二の丸と本丸を結ぶ橋。
敵が侵入しないよう切り落とすことも出来たそうです。

落とすんだ

・・・どうやって落としたんだろう・・・
結構大変そうです

さらにグルリと巡ります・・・

「武者走り」

武者走り

石垣に作られた石段ですが
Vの字になっていて、両方から効率よく素早く
大勢の人が昇り降り出来るように造られたそうです。

説明

満喫した「鶴ヶ城」
もう一度望んでから鶴ヶ城をあとにしました・・・

鶴ヶ城再び

思いのほか、「鶴ヶ城」であははうふふしてしまい
時間が経ってしまいまして、次の場所へ

あかべぇ

「あかべぇ」を使います・・・(フォルムとか、とてもかわいい

そしてそして・・・
到着しましたよっ!!

着いたよ

いつもは、歩いて来ていたので バス停を下りるのは初めてです!
斎藤一(藤田五郎)さんの眠る「阿弥陀寺」です。

入ります

こちらの「阿弥陀寺」には、先ほど鶴ヶ城にあった「御三階」が移築されております。

御三階

説明文です。

御三階の説明

斎藤さんのお墓は、かなり大きくて存在感があります。
お参りさせていただきました。

斎藤さんの・・・

以前には無かった「八重さん」の説明もありましたよ。

八重さんの説明

これによると、奥様の時尾さんと一緒に眠っているそうです・・・。

阿弥陀寺

この「阿弥陀寺」の境内に、屋台のようなモノが準備されておりました・・・
ここではっきりと気づくのですっ!!

「会津新選組祭りは、斎藤一忌は、明日(21日)に開催される」
のだと言うことに・・・


一週間勘違いしていた
そういえば、街中に貼られているポスターにも・・・

新選組祭り

「9月21日」って書いてあるね・・・

あぁぁぁぁぁぁ・・・((((((;_ _)ノ
思い込みって恐ろしい

このことを友人に報告すると
「調べなかったの??」
と、呆れられましたが
調べたつもりでいたのでしょう・・・
どこかで「28日」だ・・・と、書いてあった気がしていたのですが
それは私の勘違い 思い違いだったのでしょう・・・(しくしく
でも、その友人曰く
「(人がいないから)静かにゆっくりお参り出来たんじゃない?」
・・・あぁ・・・そうだね・・・その通りだよね・・・
「斎藤一忌」その日だと、人が大勢いて お参りもせわしないだろうし
うん!
前回会津に来た時に、「斎藤一忌」を訪れることができたのだから・・・
(記事はコチラ
うん・・・
そう思いつつも、凹みつつ 七日町通りを歩きます。

渋川問屋

前回入った「渋川問屋」
会津を代表とする、伝統料理がいただけます。
今回は入りませんでしたが・・・

・・・さて 「前回」 と言えば・・・
最後のリベンジはここっ!!
「会津新選組記念館」

ガッツリ「誠」旗で出迎えてくれます。

行きますよ

前回は、あまりの濃ゆさに 2階の資料館に入らないで出てきてしまったのですが
(前回の記事はコチラ

リベンジです

今回は、行きますよっ!!入りますよっ!!

記念館

前回は、「薄桜鬼」グッズが大量にあったり
薄桜鬼の斎藤さんが ばばーーーっん と飾られていたり
とどめに BGMが「薄桜鬼」だった・・・

なので、なんだか恥ずかしくなってしまい 2階の資料館まで上がらなかったんですよ!
だがしかし・・・
「八重の桜」の影響か・・・かなり「薄桜鬼」は落ち着いていて
それでも、斎藤さんのタペストリーが飾ってあったり
「薄桜鬼」グッズもありましたが
以前に比べると、かなり少なくなっておりました
そうなると、ちょっと寂しい
「薄桜鬼」のグッズも掘り出し物を探したのですが 無く
「新選組」のグッズも持っているモノが多かったので
ここで友人に濃ゆいお土産でも買って行こう・・・
との目論見はダメになってしまった

2階の資料館にも上がりました!!
割引を使ったので、300円のところ200円で観れましたよ!!(微笑)

資料は、新選組のモノから、 やはり「八重さん」関係。
一番興味深かったのは・・・
斎藤さんの晩年のお写真
斎藤さんご本人のお写真・・・というのは、確実なモノは残っておらず
「この人じゃないか?」というお写真しか見たことありませんでしたが
子孫のかたの寄贈のお写真なので、確実に「斎藤さん」でありました!!

威厳のある、かくしゃくとしたかたでありました・・・
しばらく見入ってしまいましたよ・・・

この後は、ちょっと遅い昼食を取ります。
前回も入ったお店「野菜カフェ 鼎」

昼食

前菜から・・・

スープ

スープときて

はんばーぐ

メインのハンバーグです。
とても美味しかったですよ

その後もプラプラと七日町通りを歩き
「清水屋旅館跡」

清水屋旅館

宇都宮城の戦いの後、負傷した土方さんが療養した旅館です。
アニメ「薄桜鬼」にも描かれていますよね。

そして、歩いて「会津若松」駅まで戻ります

お土産を見たり・・・と、少し時間に余裕もあり
どこかでお茶でもする??
ってことで・・・
入ったのですが・・・

うん・・・これが本当に最後の「乾杯」だよ!!(微笑)

乾杯

・・・もうね・・・
『会津・薄桜鬼ツアーのんだくれの旅』に変更しなくてはいけませんね

最後まで

最後まで「呑んでいた」旅のようです(苦笑)

ナノちゃんが一足先にバスで帰り
その後私も「会津ライナー」で郡山まで行き
新幹線で帰路につくのでした・・・

さようなら

・・・さようなら・・・会津・・・
心残りを消すべく「リベンジ」で訪れたんですが
「白河城」や「斎藤一忌」などの心残りをまた作ってしまいました
それでも、リベンジを決めた所はリベンジが出来たし
初めての場所や、いろいろと呑みまくったのも 
とてもとても楽しかったっo(≧▽≦)o
会津の街って好きです
古の時代の雰囲気がありつつ
やはり福島で生まれた血が騒ぐのでしょうか・・・(微笑)
懐かしさも覚えます・・・
そして、斎藤さんに浸れたのがとても幸せでした

私の趣味にガッツリ付きあわせてしまったナノちゃん・・・
一緒に「旅行」をしたのは初めてだったのですが
とてもとても楽しかったのですっo(≧▽≦)o
お付き合い下さり、ありがとうございました・・・

そしてそして・・・
この記事で長々と書いていた『薄桜鬼ツアーリベンジ篇』が全て終了となります。
最後までお付き合いくださったかた・・・がいらっしゃいましたらば
最大の感謝を・・・
どんどんお写真も増え、記事もダラダラとした長文になっていく傾向にありますが
こんなブログでも「読んでやってもいいよ」というお心の広いかた・・・
これからもよろしくお願い致します(微笑)

最後まで ありがとうございました


~コメントありがとうございます~
>09/29 20:43のかた
コメントありがとうございますっ
いつもこんなダラダラ長文を最後まで読んでいただき
コメントいただきありがとうございますーっ
こんなにすぐに読んでくれるのは君だけだよ~
唯一の読者さんですっありがたや・・・ありがたや・・・
すみずみまで細かく読んでいただけて
本当に書いた甲斐があり、嬉しいのですっ
いろいろと調べながら、復習しながら書くのは
自分も勉強になるし、知識となるのですごく楽しいのですっ

・・・もう・・・改修工事はねぇ~・・・
もう・・・なんだろう・・・ひどく凹みました
そういう運命なのかっ!?
旅行なんて、そうそう行けるわけでは無いから
改修工事とかに当たるのはツライですね

斎藤一忌も切なかった
せっかく・・・という想いが出てしまいましたね
でも、これは自分がちゃんと調べなかったのが悪いのだから
今後は調べるようにしようと心に決めましたっ!
確かに、静かにお参り出来たし
ゆっくり出来たのは良かったけどね

うふふふふ
そう言ってもらえると
とてもとても嬉しいっ
ハンバーグ美味しかったよーっ
明日の夕飯はハンバーグですか??(ニヤリ)


>10/03 14:07のかた
コメントありがとうございますっ
早速のTOP画像反応ありがとうございますーっ
ハロウィンは、いつも楽しんで作っているんですよ
そして、10月1日と同時にTOPを変える気満々だったんだけど・・・
例の件で落ち込んでまして・・・
一日遅れてしまいました

鶴ヶ城 かなり良かったですーっ
興味あるお城だと、あんなに満喫できるんですねっ
幕末や新選組テンコモリで興味深かったですっ
そして、歴史に涙しましゅ・・・うるり
お参りもゆっくり出来たので、却って良かったんだよねっ!
うんっ!独り占めしてきましたw
あのお店・・・
以前よりもマニアック感は無くなってました・・・ちょっと残念
資料館の方は、普通にしっかりとした展示物や資料でしたよっ!
しかも、貴重なモノもありましたし!
前回入らなかったのは、残念だったかもよw
お店の人もとても良い人でしたーっ
会津・・・とっても良い所です


>10/03 20:00のかた
コメントありがとうございますっ
いつもTOP画像に反応いただき、お褒めいただきありがとうございますーっ
えへへへ・・・
実は、この小物達・・・
ひゃ・・・100均なんでしゅよ
ハロウィングッズって、かわういモノがいっぱいあるよねーっ
ガンガン買いたくなっちゃうんだけど・・・
ハロウィン以外には使えないからね・・・

そして、明日は楽しみにしておりますーっ
うふうふたくさん食べるぞーっ!!←そっち!?
よろしくお願いしまーす


>10/04 11:30のかた
コメントありがとうございますっ
携帯の方は修理から戻ったのかな??
大変ご不便な中、読んでくれてコメントくれてありがとうございますーっ
そうなんですよぉぅ
「斎藤一忌」は完全に勘違いしておりました
本当にただの思い込みだったんですよね
自分が情けないです
自分が悪いので全然お気になさらずに~
やはり、綾瀬さんフィーバーしましたかっ!!
なので、さぞかし混んだことでしょう・・・
そしたらば、やはり静かにお参り出来て帰って良かったのです
うん
また機会があったらば、ぜひぜひ遊びに行きたいですーっ

本当にあっという間だったよね?
こちらこそ いろいろとお付き合いくださいまして
ありがとうございましたっ
すんごく楽しかったですーっ


| 薄桜鬼のこと | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT