蒼葉の独り言

日々の出来事。出かけた「旅」や美味しいモノ♪コラボが大好きなので、食べ歩き多し!のんびりまったりの日記です。(現在、参加イベント記事は非公開中・・・ですが、過去から徐々に公開中)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

僕はまだ…闘える

行ってきましたっ!!

「薄桜鬼 雪華録 第一章~沖田総司~/上映舞台挨拶」

薄桜鬼 雪華録 第一章 ~沖田総司~ 〈初回限定版〉 [DVD]薄桜鬼 雪華録 第一章 ~沖田総司~ 〈初回限定版〉 [DVD]
(2011/08/05)
桑島法子、三木眞一郎 他

商品詳細を見る


そして、その前には

「薄桜鬼 夏の市 2011」

にも行ってきました!!

「夏の市」の方には、お昼過ぎ頃から行ったのですが
その時点では、もうあまり並んでおらず
外での待機がなかったので有難かったです
(夏の暑い日差しの中で待つのは大変なので
それでも、中の階段での待ち時間はありましたが
飽きさせないためか
楽しませるためか
「SSL」のシーンのイラストが貼られていました
普段、静止画で見ることはあまりないので
気づかない細かい所が見れて楽しかったです
例えば・・・
沖田先輩の携帯に「MACOTO」の文字があったり・・・とかw
細かい所にもこだわりや配慮や「遊び」の部分があるのですよねw
そういう所にも細心の注意が払われているのが「さすが!」と思いました

さてさて・・・
「夏の市」では、お目当てのモノは ほぼ買えたのですが
やはり「ピンキーリング」は受注発送となりました。
去年の「夏の市」でもリングがそうだったので
同じように、9月下旬頃に届くようです
それ以外のモノはちゃんと購入出来ましたので
この記事の「続き」の方に ババンッ と「戦利品」を載せさせていただきますね(笑)

その後は、池袋へ移動して
まずはお茶をして・・・と いつものパターンで

飲んだり 食べたり(笑)

相変わらずのスケジュールで
「上映会」へと向かいます・・・

~沖田総司~

「薄桜鬼 雪華録 第一章~沖田総司~/上映舞台挨拶」の感想を・・・
「続き」の方へ書かせていただきます・・・
内容に関して、かなりネタバレを含みますので
まだ観ていないかたは、ご注意くださいませ

この日の1日の出来事も含め
戦利品のお写真も満載となります故(笑)
いつもの如く、長文となります
それでもよろしければ「続き」の方を覗いてみてくださいませ


>ブログ拍手&コメントありがとうございますーっ「雪華録 沖田編」ご覧になったでしょうか?沖田さん目線でのお話で、切なくもしっとりとした素敵なお話でしたよね「斎藤編」も今から楽しみですーっコメントのお返事は「続き」の最後に書かせていただきますね
(お返事3件追加しました8.8更新



まずは「薄桜鬼 夏の市 2011」の戦利品をここでご披露させていただきます(微笑)

戦利品(笑)

ババンッ!!(笑)

正確には、購入したモノは・・・
「薄桜鬼 合戦Ver. チャームセット」
「オトメイトじゆうちょう Vol.1」
「薄桜鬼 斎藤一 合戦Ver. 羅刹版」
「薄桜鬼 シルバーアクセサリー ジルコニアピンキーリング(斎藤・青)」受注発送にて後日

その他のポスター、「クロックゼロ」のポスターはエポスカード抽選会での
D賞 オトメイト作品B2ポスターで貰ったモノで
「沖田さんのミニスティックポスター」は、上映会の時に貰えるモノです

そんな大荷物を抱えて(笑)
まずは池袋にてお茶を・・・いつもどーり(笑)

京 はやしや

「京はやしや」のパフェをいただきました
こちらは、3月に一度行きましたので2度目なのですが
やはり混んでいましたね(その日の日記はコチラ
このパフェを食べていた時に地震があって揺れたので
電車が止まらないか・・・
上映舞台挨拶が中止にならないか・・・
凄く心配しました(>_<)
でも、大した揺れでは無かったのかな??
何事も無くて良かったです・・・本当にっ!!

そして、少し早かったのですが
劇場の方に入り、待機してました
ちなみに・・・
この上映挨拶会には、友人の協力により
1回目と3回目に参加することが出来ました(大感謝です


~1回目~

席は、真ん中くらいでセンターより少し右寄り?
実は、この「右側」というのはポイントで
舞台挨拶の森久保さんと監督さんが登場してくる扉側だったんですよーっ(●≧∇≦●)
ドキドキポジションです

「薄桜鬼 雪華録 第一章~沖田総司~玄夜の白雪」
の感想ですが・・・

やはり、スクリーンで鑑賞するのは大迫力ですねっ!!
これは凄いっ!!
これだけでも観る価値アリ!!

事前に手にしていたDVDを我慢して
初で観たので余計感動してしまいましたっ(●≧∇≦●)
我慢した甲斐アリ!!
すんごく綺麗・・・
絵も綺麗です・・・本当に・・・うっとり・・・

いきなり斎藤さんと歩くシーンから始まるのもポイント高しですっ!(微笑)
斎藤さんと沖田さんの立ち位置の話がありますが
これは、私の大好きなエピソードの1つなんですよっ!
「薄桜鬼 随想録」「斎藤は左利き」に詳しく語られています
斎藤さんと沖田さんの互いの抜き打ち牽制と言われていますが
ここでのシーンでも描かれていましたっ!!
お互いに背中合わせになれば無敵というモノです
斎藤さんは左側の敵を・・・
沖田さんは右側の敵を・・・
これで「無敵」な訳ですよっ
お互いに信頼し合っているからかな・・・なんて
素敵なシチュエーションを最初に見せていただき・・・幸せでした

返り血を浴びて
「千鶴ちゃんには見せられない」
と、隊服を脱ぐ沖田さんに倣って
黙って同じように隊服を脱ぐ斎藤さんが大好きです(微笑)
無駄なことは言わず、聞かず 沖田さんの言うことをちゃんと聞く斎藤さんが素敵です
(斎藤さんの感想ばかりですみませんっ苦笑)

・・・さて、ここでOPに入るのですが
OPは「オトパ」で観ているのですが
やはりスクリーンで観るのと
下手な歓声が上がらないのでじっくりと観れましたw

沖田さんの名(?)シーン
子供に高い高いをするシーンw
これ・・・ゲームで最初に見た時は、驚きました(笑)
沖田さんの「あの」顔に・・・(笑)
近藤さんをバカにされて怒る沖田さんの「だって・・・だって・・・」がなかったのには
ちょっぴり残念でしたが(苦笑)
(だって・・・だって・・・あの時の沖田さんを見て「可愛い」ってすごく思ったのですもの・・・)
沖田さんの優しさが見える、切ないシーンになっていました・・・
沖田さんも斎藤さんとはまた違った「わかりにくい優しさ」がありますよねw
そういう「わかりにくい優しさ」がわかった時・・・
本当に「キュンッ」と胸にクるモノがあります(*^-^*)

時間軸では、沖田さんの労咳がわかり
徐々に体力がなくなってきた頃・・・
沖田さんの苦しさ・・・悲しさ・・・辛さ・・・が
とてもとても切ないのです

「いつまで一緒にいられるのだろう・・・」

そんな悲しさを抱えながらも
憎まれ口を叩く沖田さんが
いじらしくて
悲しい・・・

「このまま降り続いて
  全てを覆い尽くして
   何もかも真っ白になって
     生まれ変わったみたいになればいいのにね」


「雪華録」
「雪」が大きなポイントになっているようです。

最後の

「僕はまだ・・・闘える」

強い意志のもと、沖田さんの闘いが続くのだろうな・・・
沖田さんルートは切なくて、切なくて、切ないので
この後のことを考えると、更に切なさが増しますが
覚悟を決めて、最後まで強く生きる沖田さんは

素敵だ・・・

と、思うのです

私達が期待していた、ゲームのような「個別ルート」ではないので
アニメルートの「土方ルート」なのは変わりません。
なので、あぁいうシーンや、こういうシーンはありませんが
沖田編では、沖田目線での物語を堪能出来るという
かなり凝った作りであるようです
なので、すべての巻を見て 初めてわかることや
繋がる話があるようですので
今後、とても楽しみですね

アニメでの7話と8話の間・・・と言っていましたが
年表でちゃんと見ると、8話が終わった後・・・という感じですね。
舞台挨拶で監督が言っていましたが
慶応二年十二月というと、一番新選組でのエピソードが出来る時期だそうです。
この後に、平助くんと斎藤さんの離隊・・・とか事件が起きるので・・・

EDは、それぞれ 沖田さんや斎藤さん・・・全て違うED曲となっているそうですよ
それも楽しみですよねーっ(●≧∇≦●)
沖田編は、この「雪華録」の始まり・・・きっかけの巻です。
これから「起」の次の「承転結」と進んでいくのでしょう・・・

舞台挨拶は、近くの扉からの森久保さん登場に
サチもん共々

「きゃーーーーーーっ(●≧∇≦●)

な状態でしたが、30分近く(上映時間とほぼ同じとのこと)
たくさん語っていただけました
雪の日の収録だったこと・・・
監督がギックリ腰になって来られなかったこと・・・等々(笑)

あと・・・思ったのは・・・
舞台挨拶等で話す時
「永倉」「原田」とか、苗字で呼ぶのに対して
斎藤さんだけは、森久保さんも監督さんも「はじめちゃん」「はじめくん」と
名前で呼ぶのが嬉しくて・・・
なんだか愛されているんだな・・・って思って幸せですぅ~

こういういろいろなお話が聞けて、大満足な「上映舞台挨拶」でした

そして、次の3回目までの時間は
またまたお茶して待つ2人・・・(笑)
今度は近場で待機!

ミルキーウェイ

「ミルキーウェイ」のとってもインパクトのあるカプチーノ(笑)
カラフルなモノはマシュマロですw

そして、再度劇場へ向かいます・・・


~3回目~

今度の席は、真ん中よりも前・・・
かなりの前方へ移動です・・・
そして、右寄り(笑)
なので、物凄く扉の傍!!
っていうか、扉の場所のところなので
サチもん照れまくりで大変~(笑)
凄い至近距離で拝見することが出来ました!!
森久保さんの服の柄もバッチリ!!(微笑)

今回の3回目の上映は、舞台挨拶が最初にあります。
なので、内容のネタバレが出来ない・・・という制約の中でのお話・・・となります。
なので、「みどころ」とかは聞けない・・・という・・・(^-^;)
私達は2回目の鑑賞となりましたが、意外にも3回全部鑑賞されているかたがたくさんいて
どうやってチケット取ったんだろう・・・と その手腕をお聞きしたい感じでしたよ(笑)

舞台挨拶の中で印象に残ったお話は・・・
質問にあった

「役に似ているキャストさん・または似ていないキャストさんは誰ですか?」

というモノ・・・

これに対してのお答えは・・・

「みなさん 似ている!!」

とのことでしたw

森久保さん曰く「適材適所」だそうです(笑)

一番筆頭に挙がったのはやはり「新八さん=坪井さん」(笑)
某イベントの「感謝祭」で、それは如何なく発揮されていましたよねw
それから「平助くん=吉野さん」は、素直に気持ちを出す好青年なところが似ているとのこと。
「左之さん=遊佐さん」は、やはり兄貴気質で気配り上手な懐の深さが似ていて
「副長=三木さん」は、リーダー的で仕事に真面目なところ。
そして 私が最も気になった
「斎藤さん=鳥海さん」(笑)
最後の最後で

「あ・・・浩輔っ!!」

と 思い出したように森久保さん(笑)
そこっ!それっ!!聞きたかったんですけどーっ!!(私の心の声・笑)

「あんなに「無口」じゃない」(キッパリ!)

・・・そうですよね・・・(笑)
でも

「無駄なことはしゃべらないし、必要なことだけをしゃべる」

そういうところが似ているそうです(微笑)
無口じゃないけど、無駄なことはしゃべらない
でも、ちゃんとおもしろいことは言うし~・・・と
そういうことらしいですw

あとは「風間=津田さん」は、カッコ良いのに変なところあり(笑)
というのが似ているとのことでしたw
切っても切れない素敵な配役なんでしょうね
だって・・・
もう 「あの声」でしか考えられませんから・・・
「あの顔」からは「あの声」!!ですよねっ!!
一心同体と言う感じかな??
そこまで思わせるのは、凄いことだと思います・・・

スクリーンで2回観て
家でもDVDで観て
スクリーンはさすがの迫力でこれは病みつきですし
家でのDVDは、好きなシーンを繰り返せたりしますので
これはこれで必要ですし
本当に贅沢な想いをさせていただいたな・・・って感じですね

第二章の斎藤さんの回ももちろん!行きたいですが
出来れば・・・第三章も・・・土方さんまでスクリーンで鑑賞したいな・・・って思いました

上映会が終わったのが9時と遅くなったのですが
やはり、打ち上げをしないで帰りたくはなく
終電ギリギリまで語り合ったのでした
めっさ楽しくて幸せな一日でした


~おまけ~
そして、今回の戦利品である「斎藤一 羅刹フィギュア」ですが・・・

箱

もともとあったリアル斎藤さんの箱と比べてみると・・・
「羅刹版」の文字だけ違うことが判明・・・
イラストも「羅刹」にして欲しかった・・・

並べてみましょう・・・

並べてみました♪

うわぁ~・・・
なんか すごい・・・
ちゃんと台座が「羅刹版」だと赤くなっているのが感動っ!!

私の大好きな(笑)背中合わせしてみました

背中・・・

う~ん・・・素敵(*^-^*)

合わせだよw

羅刹版の方が、若干「色白」な気がしましゅ・・・(微笑)


そして、サチもんにいだたいた「はじめくん」に「桜餅」でしゅ

桜餅

質素な食卓が華やぎました
ありがと~
とってもかわゆくて、美味しそう

今回も、長々と最後までお付き合いしていただいたかた・・・
が いらっしゃいましたら
最大の感謝を込めて・・・
ありがとうございました
少しでも楽しくて、幸せな雰囲気が伝わりましたらば幸いなのでしゅ


~コメントありがとうございます~
>08/07 19:54のかた
コメントありがとうございますっ
いつもこんな長文の記事を読んでいただき
コメントいただき
本当に・・・
本当に・・・
ありがとうございますっ
コメントがあると、とーっても嬉しいのですーっ
昨日の上映会は、18時の回にいました~
ご一緒ですね
実は・・・
ご夫婦・・・というか、男女で来られているかたを
ジロジロ探してしまっていたアヤシイ私でした(苦笑)
その席あたりのかたは、私 見ていたかたかもしれませんっ!
ジロジロ見ていた小さいアヤシイ人がいたら、私だったかもしれません(>_<)
すいません~~~~

スクリーンで観ると本当に迫力が違いますよねっ
絵がとにかく綺麗で・・・
スクリーンで観れて幸せでした
内容も素敵なお話でしたが、やはり「個別ルート」ではないんだ・・・と
ちょっぴりガッカリもしてしまいました
アニメルートをあくまでも崩さずに・・・というのは仕方ないのかもしれませんね
あはははは
やっぱり、返事されたかたがいらっしゃったので
そちらをチラっと振り返ったりしました
きっとやっぱり、私・・・ジロジロ見てたかたで正解だったかもしれません(笑)

夏の市は、朝早くから並ばれたのですねっ!!
ピンキーありましたかっ
私の時は、全ての種類が完売しておりました
なので、9月下旬まで我慢なのでしゅ
ちなみに、私は「斎藤リング」を、相方が「沖田リング」を購入しました
両方お買い上げっ!!素晴らしいでしゅっ
お目当てのモノも全て購入出来たことと思いますので
お互いに良い一日になりましたねっ良かったですぅ~

池袋の「京はやしや」は、西武にあります
京都の三条大橋のお店に行って
とっても美味しかったので、「京はやしや」のパフェは大好きでしゅ
相方が美味しいモノに敏感で
美味しいお店を見つけてくれるので、連れて行ってもらっています
彼女のレーダーにハズレはありませんっ!!(微笑)
次の上映会の時には、ぜひ!行ってみてくださいませ


>08/07 23:17のかた
コメントありがとうございますっ
コメントしていただけると
とってもとっても嬉しいので、幸せです~

夏の市の階段の「SSL」は凄かったですねっ素敵ですーっ!!
やるな・・・マルイ・・・(笑)
私達が行った時は、かなり進む速度が速かったので
写真を撮ったりするのは難しかったのですが
見ているだけでとっても楽しかったのです
ピンキーリングは、そんなに早い時間になくなってしまったのですか??
朝早く並んでも受注になったら・・・ちょっと切ない・・・
もっと作っておかないとダメですよねっ!
「薄桜鬼」人気をナメてはいけませんっ!!(笑)
でも、欲しい商品が全て購入出来て良かったですね~
朝早くから頑張った甲斐がありましたねっ!!良かったですっ
レジは平助くんでしたかw
私は・・・千鶴ちゃんでしたw
ちゃんとネームプレートも「雪村」とか「藤堂」とかになっていたのには
「さすがだ・・・」と 思ってしまいました

上映会は、友人のお蔭で2回観ることが出来ました
チケット取り・・・本当に大変ですよね・・・
ここにいる人達は、「あの」チケ取りを制した精鋭なんだ・・・と
妙に感動してしまいましたよ(笑)
次こそ・・・頑張りますっ!!
上映会は巨大スクリーンで観れるし
薄桜鬼好きの人達と一緒に観られる・・・というのが
とっても嬉しいですよねw
沖田さんのお話は切なかったですね・・・
他の皆さんのお話が早く知りたくて仕方ないですっ!
本当にっ!!ぜひぜひぜひぜひっ!!
「映画化」して欲しいですよねっ!!(力説!)


>08/08 02:08のかた
コメントありがとうございますっ
いつも読んでくださって
コメントくださって、ありがとうございますっ

上映会の時は、席が近かったようですねw
お返事をされた時に、振り向いたのですが
残念ながらお顔はしっかりと拝見できませんでした
上映会が終わった後に、男女で来られているかたをガン見したのですが
恐らく、私のターゲットになったお二人の中にいたようなんですw
ただ・・・ご夫婦か・・・結婚されているか・・・っていうのを確認するため
指輪チェックをしていたので・・・
指ばかり見ていました・・・←アホです
なので、お顔は・・・ハッキリとは拝見しておりません
残念~

「京はやしや」のパフェはとっても美味しいですよ
いつも友人に連れて行ってもらうので
詳しい道筋はわからないのですが
西武の8階・・・のようです
時間によってはかなり待たされてしまいますが
とっても美味しいので、待つ甲斐アリ!ですよ


>08/08 12:34のかた
コメントありがとうございますっ
おちゅでしたぁ~
すんごく・・・
すんごく・・・
楽しかったのですっ
濃厚な時間を過ごせたよね
あぁ・・・舞台挨拶・・・良かったでしゅ・・・
はじめたん・・・
はじめたん・・・
私・・・
プレッシャーでトチリそうでしゅ
今からドキドキしているので
本番で力尽きそうな気がしてなりません(←また役立たず決定

池田屋・・・
いつからなんだろうね・・・
それに、HP見たらなんだか気になる予告がっ!?
いつからなのかな??
間に合うかな??
と、とりあえず 旅行会社に行ってきましゅ

今週末も・・・楽しみでしゅ・・・くふふふ


| 薄桜鬼のこと | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT